ねこのきもち.ep3



2006年 07月 02日 ( 1 )


鳴猫と長猫

いつも相談が長くてスマン>かなざわ

■鳴猫

○発情の可能性
 管のみ切除で除りきれてない以外に「卵巣が3つある」可能性も否定できない、この場合、卵巣が背中の奥の方まで来ているので、開腹手術の開口部は大変大きいものとなる。

○薬での抑制について
 半年くらい効く筈の強いのを使用しても、2週間くらいしか持たない事がある。1/500の確立で副作用も出るが、どうにも飼い主&ご近所が困っているなら、やってみても良い。

○声帯の切除
 骨伝道で聞こえる自分の声が「あれ?ちょっと違うぞ、コレ」と思う程度なので、心配するほど本猫のストレスは無いと思う。自分がやられた事無いからわかんないけど。ただ、こんな商売やってて言っちゃいけない事だが”正直、いい気分はしない。”最終手段にして欲しい。

■鳴猫&長猫

○ノミ、条虫について
 アンナには確実に居る。しじみにも念のため薬&注射。フロントラインよりも広範囲の虫に効いて、危険性は同等のが出たので、ソレを投下、暑い間は月イチでやっとこう。

○体重について
 しじみ3.4kg、0.2kg増。アンナ3.6kg、1kgどころでは無く増、でも太ってない、むしろ細い。
[PR]
by wispneko | 2006-07-02 10:19 | ねこ

猫と暮らしていました
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
それぞれのきもち
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧